2008年03月29日

春の訪れ

・・・と言っても、まだまだ寒いのですが。雪

とりあえずデザインを変更してみましたかわいい



さて、ここのブログ『オコボレ話』は、
あくまで社交的な日記を意識した“カヘスタ”と
少々内向的傾向にある“さっとん劇場”とを繋ぐ架け橋として放置しているのですが、
ここへきて、このまま置いておくことに少々の迷いが生じております。

つまり、一応は更新したいのですが、
日常の小話なんてのは、カヘスタや劇場で充分間に合うわけで。

ゲーム日記と言うテもあるのですが、
今後、出来ればゲームはほどほどにしたいし。

そう頻繁に更新する気はサラサラないのですが、
たまに更新、というスタンスを守るために最適なテーマを、
今一度、少し考えてみる必要がありそうです。


posted by さっとん at 01:22| 福岡 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

よしわらえんじょー

年末に特番で観月ありさ嬢主演の『吉原炎上』が放送されてましたねTV

公式HP http://www.tv-asahi.co.jp/yoshiwara/



私は年末は仕事祭りのためリアルタイムで観ることが出来ませんでした。

よって、ビデオに録画予約して出掛けたはずなのですが、
テープ残量の計算をミスって前半分しか撮れていませんでした・・・たらーっ(汗)

でもせっかくなので観てみましたよ。

そうは言っても主演ミヅキだしなぁ
・・・どうしてもオタンコナースとかオニヨメだとか
あんまり私の好みではないお気楽作品、色気のないイメージだわ、
そもそも同じ歳じゃんかw

加えて、近年リバイバルされる作品の殆どが面白くない、
やる気がない、
もしくは
やる気があってもから周り・・・なのが多いので、
どうせガッカリするんだろうなぁ・・・・・・と期待もせずに観始めたわけですよ。






そしたら・・・・・















続きを読む
posted by さっとん at 14:48| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二千八年

忘れた頃に更新ですあせあせ(飛び散る汗)

ウチョウラン

遅くなりましたが、アタクシのブログを陰ながら読んで下さっている皆様。。。。。
とっくに明けておりますが・・・・・改めて

新年 あけまして おめでとうございますexclamation

どうぞ今年もなまあたたかく宜しくお願い致します黒ハート



実は今日、初詣に行って来ました。
家の近所に神社があるっていいですねぇ。
実は今年、前厄なのですよ。
思えば数え19の厄年・・・色々ありましたし、やっぱり少しは節目なのかな。
そんなわけで御祓いも考えたのですが、
ソッチは来年の本厄で正式にしてもらうとして、
今年はお札と、プチ御祓いのみに止めておくことにしました。

おみくじは末吉。 んー・・・ビミョウ。
辛いことや苦しいこともあるかもしれないけれど
我慢していればそのうち良くなっていくんだそうな。

ふぅん。



さて、抱負は敢えて語らないのが今までの方針だったのですが、
今年は少し方向転換、むしろ先に語って自分を追い込め、です。
ワタクシメのようなゆとり育ちにはそれくらいの方がいいのです。

・・・かといって、抽象的なのもアレなので具体的に。

来年には家を出られるように、今年一年かけて土台を作る。
これが、第一の目標。
もぅね、ずっと漠然と考えてはいたし希望はあったのだけれど、
広い家と母親のトリミングを想うと、どうも踏み切れなかったのです。
元々実家に戻ったのも父の病気が一因だったし。
だけど、父が亡くなって五年、
母も丈夫ではないけれど、まだ当分は大丈夫なはず。


家を出るだけなら十代〜二十代前半の間に経験済みだけど
あの頃と同じように家を飛び出るわけにもいきませんからね。

@貯金をする
A夜をあがるとは言わないが、昼も働く
B健康診断を受ける
C普通免許取得(お恥ずかしながら持ってないのよー)


あとは。
Dダイエット(**キロ目標)
E日本語能力検定を受ける
F読書は月に最低5冊〜10冊

このあたりは趣味の領域。


もー、カタギの皆様からしたら当たり前のことばかりで
お恥ずかしい限りなのですけどね、しかたないですよ。

他に興味の湧いたことが出てきたら随時追加ということで。
悪あがきと言われようとも
やってみたいことはやってみるのです。


まー、オマケのオマケで、
小さくとも母に旅行とか贈れるようになれればモアベターですが、
それはいつかのささやかな夢で、
今は自分のことだけで精一杯なので、
今年という一年の括りの中で目指すところは自分の土台を固めることに集中しよう。

でも、ほんとのほんとの野望はね・・・勿論こんな所に書くもんですかw


posted by さっとん at 01:19| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

ぷっぷw

前回のような日記を書いておきながら・・・・・

先日部屋の掃除・片づけをしていたら、以前買ったままになっていた下記参照の本を発見exclamationサーチ(調べる)


07144379.jpg


・・・面白くてつい夢中になって読んじゃったもんね。

ぃぃの、公衆の面前じゃなくて自分の部屋の中だから。



でもまぁ、そんなものよね、ゲラゲラw



posted by さっとん at 10:30| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

哀しきマニュアル人間

『愛される女になるためのナンチャラ』だとか
まぁそんな感じの、いわゆるマニュアル本。

私も一時期、何冊か読んだりしてましたが、
結局実にならないことがわかったので最近は諦めてますw

何かで読んだけど、
こういった類の本に書いてあることを真に受けて、
実際その通りに行動・実行する女の子のことを『ルールズ』と呼ぶらしい。


・・・と、そんな予備知識はおいといて、
先日、某大型書店に立ち寄ったら、
その類の本のコーナーで、
その類の本を真剣な顔つきで立ち読みしている女性を数名見かけ、
その光景に一瞬背筋の凍るかのような感覚に陥った。

そりゃね、聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥とも言うし、
私だって読むは一時の恥くらいに思って読んでたけどさ・・・。
私自身が過去、あの系統の本を買ったり売ったりする時はいつも
エロ本を買ったりAVを借りるよりも、恥ずかしい気持ちになった。
・・・が、そんな気になるのは私だけなのだろうか。





マニュアル本といえば、
オセクスに関するマニュアル本も多く出てますね、昔から。


ぇぇ、私の子供時代のオナネタでもあった『ハウツウ・・・ry




近所の本屋では必ず山積みになってるセクス指南本ですが、
アレはやり方云々より寧ろオカズであって(以下略)
私思うに、オセクスに関してああしろとかこうしろとか、
そんな知識ほどムダなモノは無いような気がする。

そういう技巧的なことは、
足りない愛情をごまかす姑息な手段にしか思えない。

そりゃあ気持ちよくなるための技術とかツボというのは確かに存在するけれど、
それは本から得る知識ではないような気がする。
ああいう本に頼ってしまう心理って、
なるべく間違えずにスマートに生きたいと思うことの裏返しなんだろうけれど、
そうすればそうするほど、実は深みにハマっちゃったりして。w

何回目までは身体を許すなだとか、
何回目以降でこんな話をしろだとか、
あぁぁあ? そんなん好きなときにすりゃあいいだろうむかっ(怒り)
・・・と、思ってしまうのです。
(あんまり節度が無いのも考えモンだけどさ)


抱かれてるだけで幸せとか
相手の体温から伝わる情だとか、
そういうのって、技術じゃないから。


だから磨くんならむしろ、技術よりも知識よりも、
魂を磨くことに専念したほうがいいと思うし、
こういうことがステレオタイプにマニュアル化されてしまう事ほど
面白くないコトって、ないんじゃないの。

そもそも、『興味』って、
「コノヒト、どんなセクスするんだろう?」
って、そのようなことから始まるのにね。

恋愛なんて感性の世界なわけで。




結論、なにが言いたいのかというと・・・・・

マニュアル本の類は、著者のオナニーでしかないと思う。


 それでも著者はそれでゴハンを食べておられるわけだし、
 幸せの形も人それぞれなので
 私みたいな考え方が必ずしも人様の幸せには当てはまるわけではないだろうし、
 正解とかそういうのはないよねぇ、と補足(フォロー)しておきますw

posted by さっとん at 21:05| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

『あねきゃん』




お年頃だしぃ〜 ・・・と思って  を読んでても
イマイチ地味で面白くない。


で、最近はコッチ  にシフトチェンジしております。




・・・と言うても
ここ数ヶ月はファッション誌を続けて購入しておりますが、
実はこうしてファッション誌に触れるのは久しぶりなのですexclamation


何でかなぁと私なりに考えてみると・・・・・


オミズ系のネーチャンと普通のOLサンの境目って
以前は割と明確だったように思うのですが、
近年は素人のネーチャンでも平気で水商売みたいな格好をしてますよね。
今をときめくエビチャンだって、モエチャンだって、
雑誌見てて時々「何所の店のネーチャンや?」って思いますもん。

私も決して嫌いな系統のファッションではないです。
寧ろ好きです、大好きです。
女なんだから女らしい服装をしたいと思う、それは昔からずっとそう思ってます。

でも・・・だけどね、だけどね、なんだかねー!!!!!手(グー)(#゚Д゚)

『こういう系統を取り巻く流れが嫌』

ついていけないっていうんですか?
そういう理由で、この系統の雑誌に飽きていたというか
ウンザリというか、そういう時期だったのですよ。。。
(たかだかファッショソ誌にそこまで憂うなよ〜って感じですがw)

しかし。

こういうのを定期的に読んでると
女力(?)のモチベーションが上がる事を再認識しました。
逆に、そういうのを忘れてました、反省。

「ファッショソ誌は必ず読むように指導しています」
某ミスUにバースのプロデューサー?が新聞インタビュー記事にてメモ

・・・まぁ、つまり、そういうことですね





熱く語るついでにもう一点・・・。

↓ 写真のモデルさん、ナニゲに顔と雰囲気が好きです。
マヤケイ1.jpg




が、しかし!!!!!




マヤケイ2.jpg
ネェサン、コレ ↑ は似合わないね。間違ったね(´Д⊂)

ぃゃ、可愛いよ、可愛い。
きっと私の様なメスブタがこんな格好するより似合ってると思います。
でーもー!! チナーウ!!



.
・・・この方には、こういうクールビューチーな装いがとてもよく似合うと思うですよ



好きなCD 3.jpgImage004.jpgImage006.jpg
最後にアネキャソ今月号の中で好きなコーデネィト三点。

・・・買物行きたいねぇリボン
ていうか気分は既に秋三日月 どんだけぇ〜?w

なんだかんだでオサレは楽しい。 女でヨカッタと思う。


posted by さっとん at 22:30| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

アジサイの詩

アジサィ

もしも貴方が

私の痛みの状況を知ることになれば

私の傍にはとても居られないだろう

と、思う。

posted by さっとん at 07:34| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

味噌汁

06-09-05_20-22.jpg

実は・・・と言う程の事でも無いが、味噌汁が好きですw

たまに自炊するときなんかには、ほぼ作っているし、
とにかく飲むと落ち着く、これこそがニホンジンの心!ですよね。

そんな味噌汁も、
好きな具材の話となると、これまた千差万別の百人百色、
人によって実に様々なのではないかと思われます。

私は・・・女性にしては珍しいと言われそうですが、
元々芋や南瓜などの穀類が苦手なので、
「好きな具は?」と問われれば、
茄子&ニラ
大根(葉とセットで)
白菜&玉子

・・・を好きな具の代表格として挙げます。

これらの好みの理由は単純な味覚によるものなのですが、
他に一つ、好みもありながら、
幼少時のトラウマにも似た感覚から好む具材があるのです。

それが、『麩(ふ)』

麩と一緒に豆腐とかワカメとかネギとか入っててもいいんですけど、
まぁとにかく麩が入っていれば文句が無いのです。


しかし私の両親は揃って麩を好きでは無い。

特に父親などは、
「あんなのは金魚の食うモンだ!」
と寧ろ嫌っていた方でしたので、
父の生存時の食卓に麩の味噌汁が出る事はまずありませんでした。

父の亡き後も、母親もあまり好きでは無いらしく、
よって私が麩の味噌汁を食べたい時には
一人前を作って一人で食べるしか他ならないんですね。


両親さえもが嫌う麩の味噌汁を、
何故娘である私が、こんなに好むようになったのか。
ルーツを辿ると、それは私が幼少の頃の記憶に遡る。

もはや全く覚えてない事の方が多い時代の記憶なのですが・・・。

私には幼い頃、両親の都合で
母方の祖母の家に一年間ほど預けられていた時期がありました。

母方の祖母の家には、私の叔父にあたる母の弟が住んでおり、
この叔父も数年前に他界してしまったのですが、
その叔父が大層麩の味噌汁を好んでいたのです。

それで、祖母の家に居た一年間、
たんまり麩の味噌汁を食べ、
無意識にその良さを会得していたのかもしれない。

好きでした。
塩味の卵焼きも。
叔父が味噌汁を御飯にかけて食べるのを見るたびに
美味しそうだなぁ・・・と子供心に密に思っていて、
ある日、里帰りしてきた母親の前でやったら大層怒られたものでしたがw

そんな生活も終わり、神戸にあった団地の家に戻ると、
先に述べた父母の趣向もあり、
麩の味噌汁を食べる事は全く無くなってしまったが
これは幼かったワタクシにとって、
実は大事件で、いつしか麩は憧れの具材となっていた。(大袈裟?w)



やがて中学校一年生になり、
夏休みの学校行事・キャンプでの出来事。

仲良しグループ班の皆で作った定番カレーライス、そして味噌汁。

・・・その中にはなんと!

あの麩が入っているではありませんか!



久しぶりに出会った麩。

忘れていた記憶。

思い出す恍惚。

あの柔らかい感触から染み出すほんのりした味噌の薫り・・・。



あの時の味噌汁の美味しかったこと!

その場には、我を忘れて味噌汁を味わう私が居たと思う。




大人になった現在、
「アンタは鯉の生れ変わりか?」
母に横目で苦笑されながらも、一人で麩の味噌汁を作って味わう時、
そこには単なる味覚的好みと共に、
湧き上がるそこはかとない淡い記憶や思い出が在るのです。

さて、皆さんは何の具がお好みでしょうか?
posted by さっとん at 01:30| 福岡 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

オ力ルトの泉

某霊感番組が四月からゴールデン枠に進出するとかで
一部では様々な論議が飛び交っている模様ですね。

私個人の好みを述べさせていただくと、
美●サンに関してはネタとして、アレはアレでいいと思います。

天草**の生まれ変わりだとか、
ああいうのは正直どうかとも思いますが、
故丹波●郎氏にも通じるエンターティメソト色が濃いので
ある意味笑いにも取れる。

が、隣でニヤニヤしている胡散臭いオッサンは何なんですかね。

・・・ニガテですF??[

あの番組に出てくるゲスト達の、いちいち神妙で善人ぶった反応も。
(人気商売なので仕方ないっちゃ仕方が無いが)

なのであの番組は好きになれんとです。 気色わる。





続きを読む
posted by さっとん at 03:35| 福岡 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

言葉は立派な刀です

pig22.jpg

ここの日記も放置気味で、気がつけば新年。

あけましておめでとうございます。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます�

続きを読む
posted by さっとん at 02:14| 福岡 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。